John Pool's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS Tadd's Delight

<<   作成日時 : 2012/01/15 07:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Tad Dameronが書いたこの曲を、天才Sonny Clarkが1957年に
“SONNY CLARK TRIO”というタイトルでレコーディングしています。

リズムセクションはBassがPaul Chambers そして、Drumsは
Philly Joe Jones となっています。

「ねばっこい」タッチと、「あとのり」のスウィング感覚、そして、
厚いサウンドとアイディアあふれるアドリブソロと、どれを取っても
良すぎる出来。
死ぬほど聴いたのですが、まねすることは出来ませんでした。

さて、この曲のピアノコピー譜を載せておきますので、興味の
ある方はどうぞPrint Outして弾いてみてください。

そして、今回初めての試みなのですが、この「ビ・バップ」
フレーズに英語で歌詞を付けてみました。

音域はちょうど平均的な男性の声と同じなので(下がG♯、
上がE)、問題はないと思いますが、フレーズがちょっと細かいので
一つ一つの音に言葉を「はめる」のが大変でした。

あとは誰か歌ってくれる人を探すだけ。
Pianoと一緒に歌ったらきっと楽しいと思います!

Delight pdf (歌詞)

Delight pdf (Vocal譜)

Tadd's Delight pdf (Piano譜) 

★SONY CLARK TRIO(こちらはBLUE NOTE版↓)

Sonny Clark Trio
Blue Note Records
1990-10-25
Sonny Clark
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Sonny Clark Trio の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



★SONY CLARK TRIO(こちらはEMIミュージック・ジャパン版 試聴可です↓)

ソニー・クラーク・トリオ+3
EMIミュージック・ジャパン
2008-02-20
ソニー・クラーク
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソニー・クラーク・トリオ+3 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



★Sonny Clark - Tadd's Delight



★Sonny Clark trio - Tadd's Delight (Alternate Take)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
Tadd's Delight John Pool's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる