John Pool's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS My Hobby

<<   作成日時 : 2011/12/13 20:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

50歳を過ぎてから始めたソプラノサックスもなんと10数年経ってしまいました。
最初は駅近くの川上楽器というヤマハ系列の小さな音楽教室に行ったのですが、
先生は音大を出たばかりの学生のような女性でした。
2〜3年やっているうちに、この人が外国人と結婚すると言って渡米することに
なってしまいました。

次にやって来た方はやはり同い年ぐらいの先生でしたが、あまり好きに
なれなかったので、ここを辞め、ジャズの先生に付くために日吉のヤマハへ
行ってみました。
ここでも2〜3年はいたのですが、ジャズの場合、こちらも専門なので意見が
食い違うことがしばしばあり、やはり辞めてしまいました。
このあたりまではヤマハのカスタムというソプラノサックスを使っていました。

画像


そうこうしているうちに、なんだか「オーボエ」が急に吹きたくなって、
新大久保でマリゴの中古オーボエを買うことになったのです。
(中古でも40数万円します。)
このあたりからオーボエのCDを買い集め聴きまくり、「ハインツ・ホリガー」さん
だの超一流のオーボエ奏者のコンサートにも行きました。

画像


そして、新大久保の「ダカーポ」という大人のための教室を見つけ、
そこに一年少し通うことになります。
車の中で練習したり、ピアノを教えている教室で吹いたりしていました。
楽器は小型で持ち運びしやすいし、C管なので移調の問題もなく、
その点は「楽」なのですが、

@指使いがサックスに比べて難しい。
Aイメージしている音がなかなか出ない。
B息が余ってしまう。
Cオーボエのリードは買うと1本2000〜3000円。
 (ソプラノサックスの約10倍)

などの問題があってリードを自分で作るまでやってはみたのですが、
それでも満足行く音は出ませんでした。

3年くらいは大切に持っていたのですが、いよいよこれを売って
セルマーのソプラノサックスを買うことになります。

渋谷にアクタス(野中貿易)というセルマーを専門に輸入している
楽器店があり、そこでシルバーのソプラノサックスを“GET”

画像


廿楽(つづら)さんというパリのセルマーまで修行に行った人に
メンテナンスは任せています。

そして、現在は「ダ・カーポ」で、芸大を出た40代くらいの男の先生に
月に1〜2回LESSONを受けています。
なんとか人前で少で吹けるようになりました。

今一番やりたいと思っていることは、
ソプラノ、アルト、テナー、バリトン、といった編成のサックスカルテットです。
アレンジの方は、グリーグ、シューマン、そして、オリジナル曲など
だいぶできていはいるのですが… メムバーを集めなくては!?

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
My Hobby John Pool's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる