John Pool's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴォーカルレッスンにおける『コルク』使用

<<   作成日時 : 2007/07/31 23:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

ローランドと並ぶキーボードのメーカーで、
『コルグ』という会社がありますが、
(私もこのメーカーのシンセサイザーを購入しては売り、
購入しては捨てを繰り返し、今でも数台使っていないのが、
部屋のどこかにあるはずなのですが・・・)
ここで言っているのは『キーボードのメーカー』ではなく、
『ワインのコルク』

ワインは赤ワインでも白ワインでもかまわないのですが、
私が数人の方々に使っていただいているのは、
かつて大好きで毎日飲んでいた、イタリアの『キャンティ』
という赤ワインのコルク。

これを半分にカットして、口の中に入れて軽く奥歯で
噛んでもらうだけ。

のどが開かなくて、いわゆる『歌の声』が出ない人には
必ず効き目(効果)がある!
本当にあるのです。

私自身もびっくりしているのですが、使っている本人が
一番びっくりしているのではないでしょうか?

最初は皆さん嫌なお顔をするのですが、のどが開いて
声が出てくるようなると、少しずつ納得した表情に
変わっていきます。
この変化を見ていると、私自身もとても幸せな気持ちになります。

    -------ここでまとめ-------
『幸せになりたければ、誰かを幸せにしてあげること・・・』

という訳で、発声の話に戻りますが、もう一つ必要なことは
『呼吸』いわゆる『腹式の呼吸』です。
これが案外できていない人(特に女性に・・)が多いようなので、
声がもっと出るようになりたい方は、どうぞ『お腹の呼吸』
そして、『のどを開く』、この二つをあらためてチェックしてみても
よいのではないでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい
ヴォーカルレッスンにおける『コルク』使用 John Pool's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる